活動の報告

U-18ギャザリング~お寺での宿泊活動~を行いました

6月29日から1泊2日で、今年度の新規事業であるUー18ギャザリングを開催しました。福島市のお寺・正眼寺さんのご協力を頂き、「お寺での宿泊活動」を行うことが出来ました。
初めてのお寺での活動に緊張していたスカウト達も、「私は誰でしょう?」のアイスブレイクではすっかり笑顔に。
初日は森口・マリアンさんを講師としてお迎えし、英語での自己紹介にチャレンジ。アメリカ人のGSリーダー・ウェンディも交えて、ネイティブの英語に触れることが出来ました。昨年度作成した、震災復興をテーマにした紙芝居の英語訳に取りかかったシニア部門では、活発な議論を行う姿が見られました。
一方、ブラウニーとジュニアは、FBM行動編の活動の傍ら、おやつや夕食準備のお手伝いに積極的に関わっていました。夜には異文化体験ゲームで大いに盛り上がりました。
また、お寺でこその坐禅・作務や住職さんの法話も貴重な体験となりました。坐禅体験の感想を聞くと、警策で叩かれた痛みさえも、「良い経験でした」と口にするスカウト達に成長を感じました。
盛りだくさんであっという間だった2日間。
今回の充実した体験を忘れずに、8月開催の防災・減災フォーラムでまた会いましょうね!